HOME > スタッフブログ

スタッフブログ ?ママスタッフのつれづれ?

2013.12.18保活ママたちの声 ⑤閉園に追い込まれたこども園 


職業:パート   子どもの月齢:3歳9か月

 

私が住む金沢区は一気に保育園が増えました。そして場所によっては定員割れしています。 私の子どもが通う園は認可外保育施設のこども園です。 一番園児が多かった時で20人。近隣にできた保育園へ転園していく人が出て今は10人。経営が厳しく今年度で閉園することになりました。
在園児の保護者は継続してほしいと望みましたが、残念な結果となりました。 確かに立地が不便な場所です。園からの手紙には「金沢区に保育園が急に増えてしまいニーズがなくなったため」というようなことが書いてありました。

 

このこども園の特徴を気に入って「ここならうちの子にぴったり」と思って預けていましたし、地域ぐるみでの保育をしてくださっていたので、通わせていた保護者としては大変残念です。
園の方から事前に閉園のお知らせをされたので、来春からの幼稚園申込みに間に合いました。来春からは幼稚園に通います。この幼稚園(開園40年)は、入園予定園児が減っているそうです。幸いこちらの幼稚園は来年度から正式に預かり保育を始めてくれるのでなんとかなりそうです。
昨年は突然閉園になった保育園もあり、とても混乱したという話も聞いたのでその点は事前に知ることができてよかったです。

 

保育園が足りない地域があるにもかかわらず、保育園が間に合っている金沢区にこれでもか?と保育園が増えているように思います。来年度は、横浜保育室も増園すると発表がありましたが、金沢区では2つあった横浜保育室のうち、1つ閉園してました。(同じ経営者)
横浜市内でも、新興地では保育園がたりないというのに、金沢区では定員割れの園もあったりするようです。

 

このこども園が閉園しなければ、仕事の都合で預かり時間も自由に選べたし、子どもたちも離れ離れにならないで済んだのにと思うと残念です。本当に悲しいことですが、今後の横浜市の保育園事情を考え直す 良いきっかけにしてほしいと思います。

 

横浜市内での保育所探しにまつわる経験談・ご意見・感想はコチラまでお寄せください。
『特集:保活ママに聞く!横浜の待機児童』はコチラ