HOME > スタッフブログ

スタッフブログ ?ママスタッフのつれづれ?

2013.12.09保活ママたちの声 ③横浜保育室卒園後の不安


職業:自営業 子どもの月齢:長男3歳5ヶ月、次男1歳8ヶ月

 

主人の自営業の専従者として、子ども2人を連れて銀行へ行ったり書類作成を夜中にしていましたが限界を感じました。また、要介護2の義父の世話もしており、今後の経済的負担も考えて、2013年4月入所募集受付で、1歳児クラスと2歳児クラスの子どもの保育園申込みしました。しかし結果は「保留」という扱いで入園出来ませんでした。

 

3月ころに保育コンシェルジュから電話があり、兄弟同時に入れる横浜保育室(※)を教えてもらい5月から入園出来ました。
ただ、近隣に空きのある保育園がなかったため、電車で隣駅に通園しています。
区役所には横浜保育室に入って保育園の空き待ちをしていると届けましたが、空きは出なかったようです。

 

横浜保育室なので2歳児クラスの上の子は3月で卒園です。来年度の保育園申込みはしましたが、これでどこも空きがなければどうしよう?と不安に思っています。
また、どこかに決まったとしても、下の子が同じ保育園に入れるとは限らず、兄弟別の保育園になった場合の負担を思うと心配は尽きません。

 

自営業なので、会社員でフルタイムで働いている方より時間に融通が利くのは事実ですが、介護もあり、子ども達が保育園へ通ってくれないと、とても勤まりません。
保育園入園にはランクに基づいて優先順位がありますが、保育室で空き待ちしてるから優位になったとか、そんな考えをもたなくても大丈夫になってくれたら良いと思います。

 

※横浜保育室とは、横浜市が独自に保育料・保育環境・保育時間等に一定の基準を設け,それらの基準を満たす施設を「横浜保育室」として認定し3歳未満の子どもを助成対象とした施設。3歳以上児については受け入れる施設と受け入れられない施設がある。
詳しくは横浜保育室について(横浜市こども青少年局)

 

横浜市内での保育所探しにまつわる経験談・ご意見・感想はコチラまでお寄せください。
『特集:保活ママに聞く!横浜の待機児童』はコチラ