HOME > プレスルーム > 記事詳細

プレスルーム ?調査リリース&メディア掲載情報?

2020.07.09子育て世帯の状況アンケート【結果発表】


新型コロナウイルス感染拡大防止のためにSTAY HOMEしている子育て世帯はどのような状況にあるのかを調べるためにインターネットを使った調査を行いました。

【アンケート実施概要】
・STAYHOME中の子育て世帯の状況アンケート
・2020年5月12日~20日
・対象者 主に12歳以下のお子さんを子育て中の方
・有効回答数 437
・インターネット調査

~調査結果要約~

■これまでの暮らし方を見直すきっかけに
誰も経験したことのない事態に遭遇し、様々な情報に巻き込まれながらも、多くの人がこれまでの暮らし方を見直すきっかけになったようです。

 

■そのハナシはホントですか?
STAYHOME中、嘘か本当か分からない情報が溢れました。子どもたちも情報端末を扱う時代、情報の受け取り方、扱い方についての質問も多かったです。そこで情報の受け取り方について、専門家に聞いたことをまとめてベイ★キッズマガジン37号に掲載しました。詳しくは紙面をご覧ください。
http://baykids.jp/staff-blog/oshirase/1726.html/

 

■「災害」に備えて
新型コロナウイルスは「災害」であると捉え、第二波や別の感染症が広まった時のために、今回の経験を活かす必要があります。
まず、日ごろから社会の動きを他人事にせず、一市民として関心を持つことも、その備えの一つと言えるのではないでしょうか。
また、有事だからこそ情報に巻き込まれないよう、日ごろから情報を鵜呑みにせず自分の頭で考え整理するようにすること、そして様々な備えをイメージしておくことが大切だということが改めて分かりました。

 

~調査結果詳細~

◆回答者の年齢

◆同居家族

◆12歳以下の子どもの人数

◆子どもの年齢

問1.新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で、パートナー(夫または妻)の仕事に変化はありましたか。当てはまるものをすべて選んでください。

問2.それは自主的にですか、勤務先の指示によるものですか。

問3. 新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で、あなたの仕事に変化はありましたか。当てはまるものをすべて選んでください。

問4.それは自主的にですか、勤務先の指示によるものですか。

問5. 通常、園や学校に通われているお子さんは今どうしていますか (複数回答)

問6.お子さんが自宅で過ごすことにどのような不安がありますか。最も近いものから3つまで選んでください。

問7.あなたや同居家族の生活に変化はありましたか。当てはまるものを全て選んでください。(複数回答)

問8.あなたや同居家族の変化によって、困ったことはありますか。当てはまるものを全て選んでください。(複数回答)

問9.あなたや同居家族の変化によって、よかったことはありますか。当てはまるものを全て選んでください。(複数回答)

問10 こういう時だからこそと始めたこと、家族が心地よく過ごせるような工夫、おススメしたい過ごし方はありますか。
 ・家庭菜園、ガーデニング、生き物の飼育
 ・前からやりたかったことにチャレンジ(資格試験勉強、ギターやピアノ、子どもと一緒に料理
 ・「いつもと違う」を楽しむ(ベランダで過ごしたりご飯をたべる、手の込んだ料理に挑戦する、いつも通らない道を散歩して新しい公園を発見)
 ・部屋の片付け(模様替え、断捨離、大掃除)

 

問11 ステイホーム解除後も継続したらいいと思う習慣や社会慣習があれば記入してください。
一番多かったのが「働き方」について。この設問に答えてくれた88人中55人がテレワークや時差出勤など、柔軟な働き方が今後も進めばよいという意見でした。
それから、オンラインの活用。オンライン授業環境が整えば、学校に行くことができない子にも勉強の機会が保証されるという意見や、今まで興味あったけど場所や時間の都合で参加することができなかった講座などに参加できるようになる、など、オンライン化により子どもだけでなく大人の学びの機会が期待されます。
そして感染予防対策。新型コロナウイルスに限らず、様々な感染予防の対策として、手洗い・うがい・換気などを今後も習慣にしていきたいとの声も多くありました。

 

問12 不要不急の外出を控えるよう言われてから、公共施設だけでなく様々な商業施設等が休業となりました。その中でもあなたにとっては「必要だった」と思える施設、休業になって困った施設があったら教えてください。
有効記述218件中、
 ・図書館 67件 (本屋 20件)
 ・子育て支援施設 45件
 ・大きな公園や遊び場 33件
というように、図書館・本屋の休業を惜しむ声が多かったです。また、季節の変わり目で衣替えをしようにも子どもの服がサイズアウトとなり衣料品店が休業だったのは困ったという声も。
リフレッシュで利用していたカフェや、レジャー気分で出かけていたショッピングセンターなどが休業したことが困ったという声もありました。
公園の駐車場や遊具の使用禁止について、本当の必要だったのかどうか、他にやり方はなかったのか疑問に思う声も。

 

問13 新型コロナウイルスを巡っては、デマなど不正確な情報が多くみられました。また、園や学校でのオンラインサービスの活用が進むことも予想されます。
これから欠かせないメディア(ネット)の使い方について、みなさんが不安に思っていることや知りたいことを専門家に聞いてみませんか?こちらに記入いただいた内容は個人が特定されない形でベイ★キッズがまとめて専門家に回答を求めます。この機会に聞いてみたいことをぜひ記入してください。

情報の受け取り方についてはベイ★キッズマガジン37号の記事を参考にしてください。
その他の質問や意見として、多かったものを抜粋して紹介します。
 ・学校の授業のオンライン化が進む場合、端末は何がいいのか。
 ・セキュリティ設定について。端末を使うことにより子どもが事件に巻き込まれないようにするためには。
 ・ネット依存症になるのが心配だ
 ・子どもが複数人いる場合、複数台端末を揃える必要があったり、ネット状況の整備などでお金が心配だ
 ・子どもの視力に影響はないのか
 ・勉強をするだけが学校ではない。人との関係性や社会性を学ぶ機会が減ってしまうのではないかと危惧する
 ・オンライン授業の質や地域格差への疑問、自治体の動きの遅さ