HOME > スタッフブログ

スタッフブログ ?ママスタッフのつれづれ?

2017年3月

2017.03.10「電気のごみはどこへ?」ワークショップ報告


生活に電気は欠かせませんが、発電をするときに「ごみ」が出ているって知ってますか?
既にこれまでの発電で「ごみ=CO2や使用済み燃料」がたくさんたまっているのです。
みなさんの家庭のごみはごみ収集やリサイクルなどで処分していますが、この電気の「ごみ」はどのように処分されようとしているのでしょうか。
2017年1月に、静岡・福岡・横浜で子育て中の方などを対象にワークショップが開催されました。

 

参加者の感想・意見

〇やっぱりゴミが出ないエネルギー開発に力を入れて行くべき。

〇多くの人に自分事として知ってもらうことは大事。もっと考えなくてはいけませんね。情報が欲しいです。

〇福島の原発事項を見て100%の安全はないのだと思いました。100%の安全がないのなら、これから原発は作らない方がいいと思います。でもいますぐやめられるものではないので、早く原発に代わる新しいエネルギーが出てきたらなと思います。今日を受けて節電を心がけたいです。

〇自分たちが当事者意識をもったうえで、どう行動すれば暮らしやすい政策になっていくのかの仕組みをもっと知りたいです。

〇自分の住む地域に最終処分場を作ってほしい人なんていないと思う。だけど、どこかに作らなければならない。
どうやって選定するのか、いつ決まるのか。できる限り早く決めなければいけないこと。一人一人がこの問題について考えることを知ることが重要と気づかれました。

〇大きな事故が起きてからは原子力が減っていくとは思っていたのですが、すでに50年分のごみがあるとわかったので、真剣に考えていきたいと思いました。

〇勉強不足を痛感させられました。今後、自分なりに関心を持ち続けていかなければならないと思いました。

〇電気のごみが出ることは漠然と知っていましたが、どのように処分されるのか、またそれが決まっていないという事実にびっくりです。節電や電気代以外の目線で電気についても考える事がなかったので良い機会になりました。ワークショップ楽しかったです。

〇この会に来なければ知らないことばかりだったので、参加して考える機会がもててとても良かった。

〇電気のゴミがたくさんあるという事実に驚いた。それをどのくらいの人が知っているのかと思うとぞっとします。

 

子育て中の親として、子どもたちの未来のために普段の生活ではなかなか気づかないことや学ばなければならないことが多くありました。
電気のゴミについての情報は下記を参考にしてください。

 

経済産業省資源エネルギー庁 http://www.enecho.meti.go.jp/
NUMO(原子力発電環境整備機構) http://www.numo.or.jp/


カテゴリー:お知らせ, スタッフブログ