HOME > スタッフブログ

スタッフブログ ?ママスタッフのつれづれ?

2012年2月

2012.02.27児童遊園地の梅の見ごろはもうちょっと先…


今年の冬は本当に厳しい寒さが続いてますね。
この寒さで、全国各地の梅の見ごろも遅れているようです。
梅の開花は、つぼみをつけてからの積算温度で決まるとか…。「ベイ★キッズVOL.3」の「春のお届け便」で、横浜の梅を見に行こう!って、読者のみなさんにおすすめした編集部としては気になるところ。

…というわけで、21(火)に、保土ヶ谷区の狩場にある横浜市児童遊園地の梅園を見に行ってきました。確かに、花をつけている木はまだわずか。まだまだ見ごろは遠そうだなぁ…と思って、児童遊園地の園長さんに突撃取材してきました。今年は例年に比べて梅の開花が4週間くらい遅れているそう。「見ごろは3/10ごろになると思うなぁ。」とのこと。児童遊園地の梅園には濃淡いろいろの品種があるので、見ごろはとてもきれいだそうですよ。ちょうどその頃なら、暖かくなっているかもしれませんね。広大な敷地を持つ児童遊園地は、ちょっとした里山の雰囲気。おベント持ってピクニックにもおすすめです。
(スタッフY)


2012.02.16保育コンシェルジュ訪問記


「保育コンシェルジュ」って知っていますか?
横浜市が昨年6月より全区に1名ずつ置くようになった、保育を希望する保護者の為の保育専門相談員のことです。
1月末に西区の保育コンシェルジュ加藤みゆきさんにお会いしてきました。


加藤さんは、笑顔が印象的な、保育士経験のある4児のお母さん。
一番下のお子さんは、現在は市預かり保育のある幼稚園児だそうですが、それまでは横浜保育室へ通園していたそうで、現役ママの視点でもアドバイスしてくれます。
保育施設情報の外にも「保育園を選ぶ時のポイント」なども教えてくれますよ!

加藤さんに相談したい時は予約不要で区役所の開所時間中はいつでも受け付けているそうです。(木曜日は不在。)
区役所に相談にこられる場合は子連れでも窓口で一緒にお話をすることも出来ますし、1階にあるキッズスペースにはボランティア保育スタッフが常駐しているので一時的にお子さんを預けて相談することも可能です。

相談の多くは働いている保護者の方からで、認可保育所を希望する方が多いそうです。そしてどなたにも、認可保育園に入れなかった場合をふまえて他の施設(横浜保育室など)の情報もお知らせしているそうです。
また、働いていない保護者の方からも、通院時や出産時に利用できる緊急一時保育の問い合わせもあるそうです。

加藤さんによれば 「保育園を選ぶ時、毎日のことなので、家からの通いやすさというのは大事ですよ。認可、認可外ということだけにこだわらず、各ご家庭のスタイルに合った園選びをしていただけるよう、お手伝いができたらと思っています。復職される方は、いつから預けたいかを明確にして、余裕を持って相談に来てくださいね。ひとりで悩まず、一緒に解決策をさがしましょう。」とのことです。

「子どもをどうやって預けたらいいんだろう・・・」と不安に思った時に、親身になって相談に乗ってもらえる保育コンシェルジュという存在がいるのは心強いですよね。
これから保育所の入園決定時期で忙しいと思いますが、加藤さん、がんばってください!
(スタッフ:M.K)