HOME > スタッフブログ

スタッフブログ ?ママスタッフのつれづれ?

スタッフのつれづれ

2012.11.28クリスマスキャンドルナイトズーラシア


こんにちは。ケイコです。
11月27日によこはま動物園ズーラシアでクリスマスキャンドルナイトの内覧会が開催されました。
編集部代表として行ってきましたのでいち早く皆さんにお知らせです!

写真は亜寒帯の森のペンギンやオットセイがいるところ。ここが「サンタクロースの家」に変身していました。
ライトアップがとてもきれい☆

 


入園ゲートから進むとインドライオン前トンネルがこんな感じ。ライトアップの他、動く映像なども映し出されていて、「この先何があるんだろう♪」とワクワクします。
このトンネルを抜けた亜寒帯の森一帯が「サンタクロースの森」というテーマで装飾されています。ライトアップだけでなく、木々に赤いリボンがかけられていたり、動物の銅像にもサンタ帽がかぶさっていたり。どこにどんな工夫がされているか子どもと一緒に探したら楽しそうです。

こちらはオージーヒルレストラン前。3,000個のキャンドルの灯りが幻想的です。この場所で12月1日(土)16:30~クリスマスキャンドルナイト点灯式が開催されます。点灯式にはマダガスカルのアレックスとペンギンズも来るそうです。

またこのレストラン前ではサンタ服を着たかわいいポニーのえさやり体験もできます(キャンドルナイト実施日の16:30~17:00のみ)。他にもキャンドルナイト中はイベント盛りだくさん。よこはまズーラシアのHPをチェックしてくださいね。夜はとても冷えますが、澄んだ空気の中のライトアップはとても素敵です。お出かけの際には暖かい服装で!

 

こんなかわいいオカピもいましたよ。さてどこにいるかな?探してみてね。

■キャンドルナイト
実施期間:12月1日~22日の毎週金・土曜日と23(日)、24(月・祝)
開園時間:9:30~19:00(入園終了 18:30)
詳細はよこはま動物園ズーラシアのホームページで。


2012.10.13親子向け防災セミナー体験記


こんにちは!ベイ★キッズ編集部のナルです。
暑い暑い9月は、台風とともに去っていき、秋本番の10月になりました。
9月は防災の日に関連して、たくさんのセミナーやイベントがありましたが、みなさんは何かイベントに参加したり、お家の防災用品の見直しをしましたか?
ベイ★キッズメールでも9月に防災に関するアンケートをとらせていただきました。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございます。今結果を分析中ですので、近々こちらでも発信しますね。

 

今回は近隣で開催されたユニークな親子向け防災セミナーの体験記をシェアします。
2012年9月3日、横浜駅東口から徒歩5分のパナソニックリビングショウルーム横浜にて、「巨大地震から子どもを守る防災セミナー」が開かれました。
Twitterでその情報をキャッチし、メルマガ会員のゆいちゃん&ママと一緒に参加してきました。

 

ショールームの広々としたイベントルームには、シートが敷き詰められ、思い思いに靴を脱いでゆったり座るママと赤ちゃんたち。リラックスしたムードです。
講師はアウトドア流防災ファシリテーターのあんどうりすさんとNPO法人だっことおんぶの研究所 園田正世さん。

まずは、あんどうりすさんの「小さないのちをまもるママのためのナチュラル防災講座」。
あんどうさんは、お名前の通りりすのようなクリクリした眼が印象的な女性なのですが、なんとかつて妊娠32週で2000m台の山に登ったというアウトドアの達人!その豊富なアウトドアの知識と阪神大震災の被災体験をもとに、実践的な防災セミナーを全国各地で行っています。
巨大地震についての基礎知識のおさらいのあと、備えについてユニークなアイディアを次々と教えてくれました。
いつ、どこで大地震が起こるかわからないので、防災グッズを買っても、家においておくだけではダメで、毎日のママバッグを防災仕様にすること、そして、グッズがなくても助かるスキルをママ自身が身につけることが大事という言葉に、多くのママたちもうなずいていました。

いつでも身につけておきたい5点セットとしては、
1. 携帯電話
2. ホイッスル(玉の入ってるものは濡れると使えないので、玉なしのもの)
3. LEDライト(両手が使えるヘッドランプタイプがおすすめ)
4. はさみやナイフがついているマルチツール(アウトドアショップにあります)
5. そして、知恵のある自分自身(スキルと応用力!)
をあげています。

 

また、災害の基礎知識を学んで、自分の住んでいる地域の危険箇所の確認、次に自宅の安全性の確認、という風に、最初は大きいところからだんだん小さいところへ視点を向けていき、最後に「その地域や我が家に」適した防災グッズを揃えるべきという教えや、さらにはグッズがなくても何とかなるよう、ものの原理を知りましょうという教えに、ママたちは真剣に耳を傾けていました。
たとえば、紙オムツをスーパー袋で作る方法の紹介がありましたが、「スーパー袋がないとダメ」ではなく、オムツというのは、「外側が防水、内側が吸水」という原理なので、スーパー袋でなくても、防水のものだったらなんでもいいとのこと。「単にスーパー袋が結びやすいからスーパー袋と言ってるけど、なんでもいいのよ!」とにっこり笑うあんどうさんの言葉に眼からウロコでした。

 

あんどうさんのサイトはこちら⇒http://morinorisukoubou.blog89.fc2.com/

 

続いては園田正世さんの「災害時に役立つだっことおんぶ講習」。

園田さんはNPO法人だっことおんぶの研究所で、色々なだっこやおんぶの方法を研究するとともに、だっこ・おんぶが子どもの心と親子の絆を育むことを全国各地で啓発されています。
避難時はBabywearing(ぴったりと密着してだっこおんぶすること)が鉄則と園田さん。確かに、外で地震がきたときに、ベビーカーのまま避難するのは困難そう。上から何かふってきそうだし、人波にもまれたとき、手が離れてどこかへいってしまいそうだし、ちょっと考えただけでも不安になりますよね。
両手があき、なるべく密着して子どもの様子がすぐに確認できて、しかも装着が一人で素早くできるものでないといけないと園田さんは説きます。それに最適なのが、なんと昔ながらの兵児帯(へこおび)やサラシ!
その方法をその場でママたちに実演してくれました。

実際に装着してみたママに感想を聞くとみなさん口をそろえて、「普通のおんぶヒモやだっこヒモより、子どもがぴったり密着するし、肩も重くならない!」とのこと。
軽くてかさばらないので、ママバッグの脇ポケットに忍ばせておけるので、災害だけでなく、普段のときから役立ちそうです。
他にも、
首のすわらない新生児の場合、大きなトートバッグの底に赤ちゃんの身の回りものを入れて上からタオルをしきつめ、一番上にバスタオルでしっかりくるんだ赤ちゃんをのせ、顔が見えるように鞄を肩にかけて避難する
ママコートがなくても大きめのコートの上からベルトを巻いて、その中にすっぽり赤ちゃんを入れれば十分!
など、いざというときの様々な知恵を教えてくれました。
災害が起きたとき、誰でもパニックになるけれど、こういった知恵を知っているか知らないかで、その後の行動に大きく差がでそうです。
園田さんが開発した兵児帯は、横浜高島屋などでも販売されているそうですので、ご興味のある方はチェックしてみてください。
だっことおんぶの研究所のサイトはこちら⇒http://www.babywearinglabo.com/

 


終了後ゆいちゃんママに感想を聞くと、「すぐ実際に使えそうな内容が多くて参考になりました!」とのこと。ゆいちゃんも、帯を使ってママの背中にぴったりおんぶされて気持ちよさそうでしたよ。

 

最後にパナソニックリビングショウルーム横浜の近藤さんにお話を伺ったところ、定期的に親子に向けた色々なイベントを企画されているそうです。
横浜駅東口からも近いですし、ベイクォーターに行くついでに寄れますのでお近くの方はお買い物がてら行ってみるのもいいかもしれませんね。
「いつもの暮らしの中でさりげなく災害に備える」ことができるよう、ベイ★キッズ編集部ではこれからも防災についてのさまざまな情報をチェックしていきたいと思います。


2012.08.01夜の動物園


ケイコです。
昨年は節電の影響でズーラシアでのみ実施だった夜の動物園ですが、今年は野毛山・金沢も実施しています!
初日の7月28日17時過ぎくらいに金沢動物園へ行ってきました。
17時というとまだ全然暗くありませんが、日中ほどの暑さはないので、気分はノリノリ。
いつもは一般道から行くのですが、今回はちょっとリッチに高速道路を使って。というのも、高速道路の出口直結に駐車場があり、この駐車場が一般道から入るときに使う駐車場よりも動物園の入り口に断然近く、いつも「ここに駐車できたらいいなー」とうらやましく思っていたからであります。確かに近くて便利!
ちなみに一般道コースの駐車場からはコアラバスという小型のバス(無料)が出ているのでこれに乗れば園の入り口まであと200mくらいのところまで連れてきてもらえます。

そうそう、金沢動物園にオカピがきたんですよね。
ズーラシアとは違って入り口近くにいました。
*ズーラシアだと一番最後の方にいるので逆回りしない限りオカピに会えるのは先なんですよね。金沢ならすぐ会えます(笑)

もちろんコアラもいますよ!寝てましたがzzzzz
18時半を過ぎるとだんだん夜っぽくなってきて、動物たちもソワソワしている模様。
特にこの日はナイト金沢ZOOの初日だったので
「部屋に入れてくれよ~なんで人間まだいるんだよ~」
というような動物たちもチラホラ。
それにもかかわらずカンガルーはすごいです。金沢動物園はカンガルーを至近距離で見ることができるのですが、カンガルーは人間なんて眼中にないのでしょうが、そばに私たち人間がいても全然気にしない様子。ピョンピョン跳ね回るのもいれば、2匹でまさにボクシング状態なのもいたり、かなり活発に動いています。
2年前に来た時もカンガルーがやたら元気だった印象があったので「そうそう、これこれ!」という感じでした。

暗くなると園内のあちこちも控えめなライトアップですがとてもきれい。
園内で販売している「ズーライト」は電池を替えることができるので何度も使えておすすめ。しかも以前のものより明るいものにリニューアルしてました。
*我が家は2年前のものを使っています!縁日やお祭りなどにも使えてGOODです。

これは園内で見つけた「パパママべんりマップ」です。
小さいお子さん連れの方に役立つ園内の情報(休憩スポットやベビー用品を扱っている売店のことなど)掲載されています。これは便利かもー。

 

金沢動物園にはカブトムシコーナーもあるので子どもたちに人気です。
ナイトズーラシアにも2年前に行ったのですがこの時はナイトにも関わらず混んでいた記憶。野毛山のナイトはまだ行ったことがありません。夕涼みコンサート等をやっているからまた違った楽しみ方ができそうですね。
夏の夜だからこその限定公開、ぜひ行ってみてくださいね。

夜の動物園開催日時など詳細はこちらでご確認の上お出かけください~。
よこはまのどうぶつえん


2012.07.10原鉄道模型博物館オープン


こんにちは。ケイコです。
今日、横浜駅近くに原鉄道模型博物館がオープンしましたね。
日産ビルの横浜駅寄りの隣の横浜三井ビルディング内です。横浜駅からすぐです。
オープン前に内覧会があったので一足早く行ってきました。
世界的に有名(らしい)原さんの模型コレクションはマニアにとっては圧巻なんでしょうね。
私は詳しく知らないので(どちらかというと「乗り鉄」)、展示されている模型よりも「原さん」に興味がわきました。
小さい頃からおばあちゃまの援助があって「本物」を手に入れることができたとか、模型を自作していたとか、海外オークションに電話で参加して競ったという話や、一番切符を手に入れるために学校休んで並んでいたとか、結婚後、海外派遣中に開通する鉄道の切符を奥さんが2日だか3日だか並んで一番切符を手に入れたとか・・・etc、原さんの鉄道模型と一番切符にかける情熱がすごすぎです。
模型も私たちの身近にあるNゲージよりもずっと大きなサイズのものなので見ごたえがあります。
#0ゲージやNゲージやいろんな種類があることを知りました。
パノラマは双眼鏡を使って細部を見ることができ、とても素敵です。

 

全体的に大人(マニア)向けなので、原さんの生い立ちや時代背景をじっくり見て、となると小さいお子さんとではじっくり見れないかもです。
#小さいですが一応キッズスペースあり。
電車、特に模型が好きで、見ているだけで飽きないような子にはいいかな~というところです。
このビルの紹介ページに子ども向けイベント開催のことが書いてあったので、今後どのような子ども向けのイベントを考えているのかスタッフに聞いてみたところ、これから検討していくとのことでした。私の予想ではちょっと大きい子向けかなぁ。

 

横浜三井ビルディングの1Fには横浜市の「デジタル観光インフォメーション」があります。
タブレット端末等を用いた観光情報の発信や横浜コミュニティサイクル「baybike(ベイバイク)」の登録カウンターがあります。

 

#内覧会では写真撮影ができなかったので画像なしです。スミマセン。


2012.06.21ディズニーリゾートへ②


急きょ「お泊りディズニー」することになった話の続きです。

 

今回お泊りしたアンバサダーホテルはディズニーオフィシャルホテルの中でも一番TDLからもTDSからもアクセスが悪く、ミッキーのかわいいバスで移動することになるのがちょいとネックなのですが、なんといってもシェフ・ミッキーという、ミッキーたちが遊びに来てくれるレストランがあるのがこのホテルの特徴。そして朝食タイム(ブレックファスト)だけは宿泊者限定なのです。
せっかくアンバサダーに泊まるのだからシェフ・ミッキーは外せない!ということで思い切って予約。
ただ、ディズニーオフィシャルホテルに宿泊するとTDLに開園15分前に入園できるという特典もあり、シェフ・ミッキーの朝食で時間を取りすぎるとこの15分前入園の特典を使えないことになるので、予約する際には朝一番(7時)を取るのがおすすめですね。

普段それほどディズニーに興味のない我が家ですが(爆)、ミッキーやミニーがテーブルに来てくれて写真撮ったりサイン書いてくれたり、軽くコミュニケーションできるのは楽しいものですね!
ミッキーはこのレストランの名前の通り、シェフの格好をしていてかわいかったです。
ここでもたもたしているとTDL15分前入園特典が活用できなくなってしまう!ということで、シェフ・ミッキーを8時には出て、急いで荷物を持って駐車場でTDLへ移動。エクストラチェックアウトの登録をした際に、翌日にTDLに行くことをフロントに告げてあったのでTDLの駐車券もすでに持っていたので移動はスムーズ♪
それでもTDLの駐車場に到着したのが8:20。今日の開園時間は8:30。
ダッシュで専用ゲートを目指すも結構遠い…。無事開園前に入れたものの、5分前って感じでした。
それでも先に入園できるとやはりお得ですね。
開園前に利用できるのはあらかじめ決まったアトラクション(モンスターズインク)だけ。ファストパスが取れるのも開園時間後なのですが、モンスターズインクに25分待ちで並び、開園時間過ぎにすぐハニーハントのファストパスを取りにパパが走り、順調な滑り出し~。
しかーし、モンスターズインクを出た頃には人・人・人!
月曜日ですが代休の人が多いんでしょうね、土日並みなんじゃないかと思うくらい混んでました。

勝手知ったるTDLは行動しやすいですね~。
ただ、あまりの混雑で午前中でファストパスがどんどん発券終了という状態。

今回はラッキーなことに4年前にもらったスプラッシュマウンテンのチャレンジカードみたいなものを持っていたのでスプラッシュマウンテンは並ばず挑戦。下の子はどうも「下に落ちる」のと「暗い」のがダメみたいです。ビビッてました。
TDLでも昼間にショーを見て、子どもたち二人とも爆睡。この子たちにとってはショーはちょうどいい休憩タイムのようです。モッタイナイなぁ。

 

今回はお休みのアトラクションも多く、それはちょっと残念でしたが、1日目のTDS疲れが抜けず、道路が混む前に帰りましょう~ということで夕方には帰りました。やっぱりランドは売ってるものもちょこっと食べるものも種類が豊富で楽しい~♪
「お泊りディズニー」気に入りました!次回行く時もお泊りがいい~♪と思いますが、家族4人でなんだかんだ10万くらいかかりましたので 8-O 、「お泊りディズニー貯金」でもしないと…。貯まる頃には子どもが反抗期で一緒に行ってくれないかもですね。。。

 

TDLもTDSも小さなお子さん連れがたくさん来てました。
私も子連れで最初に行ったのは上の子が1歳半くらいだった時だと思います。
ベビーカーを押しながら、抱っこしながら、オムツ替えたり、と大忙しでしたがそれはそれで楽しかった記憶。
せっかくパレードを見るための場所をとってもパレード中は寝てましたね。アハハ、今回のショーの時と一緒w
2歳半くらいの男の子が「ママ!!!!!」と泣きながら探し回っていたので声をかけてキャストに引き渡したら、それを見ていた上の子が「あの子ラッキーだね。僕のママが助けてくれて」と言ってました(笑)
「僕もあのくらい小さい頃あんな感じだったの?」といろいろ聞いてきました。思い出すと懐かしいですね。この子が小さかったころのことをいろいろ話しながら行列に並んでました。あまり小さいころの話をすると「どうせ僕はいなかったんでしょ(怒)」と下の子が言うので、下の子の話も交えないといけないという、いろいろと気遣いが必要なんですけどね。
長い行列は疲れますが、子どもたちと色々な話ができました。その行列の先に待っているのが楽しみな乗り物だったりショーだったりだから、話の内容も前向きなものばかりになるのは面白いですね。前向きになるにはワクワクしたりウキウキすることが先にあることが大切なのだなーと改めて思いました。
そんなディズニーリゾートの旅でした★