HOME > スタッフブログ

スタッフブログ ?ママスタッフのつれづれ?

スタッフブログ

2018.08.028/5(日)ダンボール★パーク開催


猛暑の夏は涼しい室内で遊べるダンボール★パークへ行こう!
ダンボール★パークとはダンボールでできた一日限定の公園。今年で5年目の開催となります。
毎年バージョンアップしているダンボール★パークですが、今年は理系学生団体サイエンスリンクの科学ショーや、京急電鉄120周年を記念してキャラクター「けいきゅん」が遊びにきたり、新作のダンボール遊具や、手作りのダンボール遊びなど、内容盛りだくさんです!
夏休みの宿題対策にダンボール工作もありますよ♪

 

開催日:2018年8月5日(日)
時間:11:00~16:00
会場:新都市ホール(そごう横浜店9階)
入場料:1家族500円(各種会員特典あり)
※当日受付も可。ただし、混雑時は事前に申込みされた方優先となり、少々お待ちいただく場合があります。

 

詳細はコチラ
https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/topics/page/event-damboru-park-20180805.html


2017.09.21えほんのひろば劇場開催


ベイ★キッズ(NPO法人シャーロックホームズ)&中区ブックフェスタコラボイベント!
イオンシネマみなとみらいで大きなスクリーンを使った読み聞かせイベントを開催します。赤ちゃん連れもOKです。絵本や手遊びで楽しみましょう。
中区在住の方はもちろん、周辺にお住まいの方、ぜひ来てくださいね。

 

☆日時:2017年10月5日(木) 10:30~開演 *受付は10:00~
イオンシネマ みなとみらい(ワールドポーターズ5F)
☆申込み方法
イベント専用のLINE@に友達登録してエントリーください
詳しくはえほんのひろば劇場HPで
https://goo.gl/qqyJF4

 

※申し込みは9/25(月)16:00締切です。申込み多数の場合は抽選となります。締切後、LINEから案内がありますのでチェックしてくださいね。
※LINE以外の申し込みはできません。
えほんのひろば劇場ロゴ


カテゴリー:イベント, スタッフブログ

2017.08.168/27はダンボール★パーク!


夏休み最後の日曜日はそごう横浜店9階で開催のダンボール★パークへ行こう!
ダンボール★パークとはダンボールでできた一日限定の公園。今年で4年目の開催となります。
今年はパシフィコ横浜で開催中の「ヨコハマ恐竜展2017」とのコラボも企画も!!
夏休みの宿題対策にダンボール工作もありますよ♪
雨でも駅から濡れずにこれる会場だから安心です。ぜひ遊びにきてね☆

 

開催日:2017年8月27日(日)
時間:11:00~16:00
会場:新都市ホール(そごう横浜店9階)
入場料:1家族500円(ベイ★キッズめ~る会員はクーポン提示で無料!)
※当日受付も可。ただし、混雑時は事前に申込みされた方優先となります。

 

詳細はコチラ
https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/theater/


カテゴリー:お知らせ, イベント

2017.04.28「横浜市の待機児童2人」ついて緊急アンケート実施中


2017年4月25日に横浜市が、今年4月1日現在の保育所待機児童数を「2人」と発表しました。
厚生労働省は3月に保育サービスの充実に向けて待機児童の定義を見直し、「親が育児休業中で保育所に入所できれば復職する意向が確認できれば待機児童に含める」としましたが、横浜市は「保護者の働く意思確認が間に合わなかった」として従来の集計方法を採用したため、413人いる育休中の人は待機児童には数えていません(つまり保留児童としてカウント)。
ちなみに認可保育所を申請したのに利用できず、やむを得ず別の施設を使うなどの保留児童(前述の413人を含む)は4年連続で増加し、3,259人でした。

 

この発表を受けて、ベイ★キッズでは市内で子育てする保護者の生の声を集めようと緊急アンケートを実施します。
保活(保育所探し)をした、しないに関わらず、今回の市の発表についての感想やご意見をお寄せください。
アンケートはコチラから↓
https://form.qooker.jp/Q/auto/ja/baykids/hokatsu/
※回答締切 5/3(水)

 

なお、アンケート結果は当HP等で公開します。
ご協力お願いします。


2017.03.10「電気のごみはどこへ?」ワークショップ報告


生活に電気は欠かせませんが、発電をするときに「ごみ」が出ているって知ってますか?
既にこれまでの発電で「ごみ=CO2や使用済み燃料」がたくさんたまっているのです。
みなさんの家庭のごみはごみ収集やリサイクルなどで処分していますが、この電気の「ごみ」はどのように処分されようとしているのでしょうか。
2017年1月に、静岡・福岡・横浜で子育て中の方などを対象にワークショップが開催されました。

 

参加者の感想・意見

〇やっぱりゴミが出ないエネルギー開発に力を入れて行くべき。

〇多くの人に自分事として知ってもらうことは大事。もっと考えなくてはいけませんね。情報が欲しいです。

〇福島の原発事項を見て100%の安全はないのだと思いました。100%の安全がないのなら、これから原発は作らない方がいいと思います。でもいますぐやめられるものではないので、早く原発に代わる新しいエネルギーが出てきたらなと思います。今日を受けて節電を心がけたいです。

〇自分たちが当事者意識をもったうえで、どう行動すれば暮らしやすい政策になっていくのかの仕組みをもっと知りたいです。

〇自分の住む地域に最終処分場を作ってほしい人なんていないと思う。だけど、どこかに作らなければならない。
どうやって選定するのか、いつ決まるのか。できる限り早く決めなければいけないこと。一人一人がこの問題について考えることを知ることが重要と気づかれました。

〇大きな事故が起きてからは原子力が減っていくとは思っていたのですが、すでに50年分のごみがあるとわかったので、真剣に考えていきたいと思いました。

〇勉強不足を痛感させられました。今後、自分なりに関心を持ち続けていかなければならないと思いました。

〇電気のごみが出ることは漠然と知っていましたが、どのように処分されるのか、またそれが決まっていないという事実にびっくりです。節電や電気代以外の目線で電気についても考える事がなかったので良い機会になりました。ワークショップ楽しかったです。

〇この会に来なければ知らないことばかりだったので、参加して考える機会がもててとても良かった。

〇電気のゴミがたくさんあるという事実に驚いた。それをどのくらいの人が知っているのかと思うとぞっとします。

 

子育て中の親として、子どもたちの未来のために普段の生活ではなかなか気づかないことや学ばなければならないことが多くありました。
電気のゴミについての情報は下記を参考にしてください。

 

経済産業省資源エネルギー庁 http://www.enecho.meti.go.jp/
NUMO(原子力発電環境整備機構) http://www.numo.or.jp/


カテゴリー:お知らせ, スタッフブログ